るー’s OC journal

アメリカ生活・旅・ワンコ・食… 雑多に書いてます。

国境を越えた友情の絆

 

夫にディナーミーティングの予定が入ったので、久しぶりに日本にいる友人とライン電話でお喋り。

今は離れていてもLINEやメールで気軽にメッセージのやり取りができるけれど、やはりリアルタイムでお喋りするのは楽しさが2倍です。

ただ日本とアメリカでは時差があるのでスケジュールが合わないこともあり、意外と電話で話すのが難しい。夫がいても話せないことはないけれど、やはりいない方が気楽。(夫は日本語が苦手なので、目の前で話しても内容を理解されることはありませんが。)

2年前に友人と行ったセドナ

その友人とは40年来の付き合い。2年前にはこちらにも遊びに来てくれました。LINEでメッセージのやり取りもしょっちゅうしているけれど話しは尽きない。今回は夫が帰宅するまでの時間だったので1時間半ほどしかなかったけれど、あっと言う間に時間が経ってしまいました。何を話していたんだろう?…という感じだけど、日本語で気楽におしゃべりするのは1番のストレス解消かも。

グランドキャニオンにも行きました。広大すぎて写真が難しい。

私は日本にいた頃は電話が苦手で、長電話とは無縁でした。携帯電話を持ったのも周りの友人たちより遅かったかもしれない。

そんな私が携帯電話を持つ気になったのは、SONYに勤めている知り合いが「今うちでキャンペーンやってて、本体代1円で契約できるよ」と言われたから。

最初に持ったケータイは、「ツーカーセルラー」。知ってる人いるかなぁ?笑

 

なんだか話がそれてしまいましたが、そんな長電話が嫌いな私でも今では日本の友達とZoomで4時間喋ったこともありました。

やはり女子にはおしゃべりが1番のストレス解消なんだな…と今頃になって思っております。

 

※タイトルはAIに考えてもらいました。ちょっと大げさ(笑