るー’s OC journal

アラ還で南カリフォルニアの住人になりました。

カンブリア滞在記/フィスカリーニ・ランチ

 

我が家のカンブリア休暇、予報では旅行期間中ほぼ雨マークが付いていました。

実際、到着日の夕方から夜中までずっと雨。でも、翌朝起きてみると雨は上がっていました。そして天気予報も午前中は雨マークが消えていました。ならば、せっかくうちのお嬢さまと来ているのだからフィスカリーニ・ランチへ連れていこう!と出かけました。

f:id:ocmay2023:20240228094512j:image

フィスカリーニ・ランチは自然保護区で、海岸線にそって約1マイル(1.6km)続く海と草原に囲まれたトレイルになっています。あいにく前日の雨で木の板が敷いてあるトレイル以外は水たまりが多く歩きにくかったのですが、うちの子はお構いなし。

トレイルから外れて草村ばかり探索しようとするお嬢さま

お天気がいいと青い海が見えて綺麗なんですが、今回は曇が多くて写真がイマイチ。雨のせいで海水もグレーになっています。

2012年に撮った写真

上の2枚の写真は2012年3月に同じ場所を訪れた時のものです。お天気が良いとこんな感じでトレイル沿いに美しい海が広がっています。

ちなみに上の2枚の写真は以前ブログ記事にしたオリンパスPEN で撮影したものです。

今回もこのカメラで撮りたかったけれど、いざ使おうとしたら手ブレ修正機能が故障しているようでエラーサインが出ていました。さらに、PENで写した写真をMacbookに取り込むためには今持っているケーブルではダメなことがわかりました(泣  

やはり精密機器ですし仕方ないですね。故障を直すにはかなり費用がかかるみたいなので、手軽なコンデジでも買った方が安上がりかなーと思ったり。長年愛用して何千枚も写真を撮って楽しんだのだから、しばらくはiPhoneで我慢しようかな…。

 

話が逸れてしまいましたが、少しの晴れ間でしたがお気に入りのトレイルをワンコと一緒に歩けて楽しさ倍増でした。

 

つづく

カンブリア滞在記/お家編

 

プレジデントデーの連休にカンブリアに旅した記録です。

カンブリアは、ロサンゼルスとサンフランシスコの中間にあるカリフォルニア州の海辺の町です。夫が大学時代に訪れて以来大好きになったらしい。「ぜひ連れて行きたい場所がある」と言われて私が初めて訪れたのが2008年です。

この旅のお家

我が家の国内の旅は家を借りて泊まるスタイルが定番です。宿は夫が選んでいます。

あまりハズレはないので任せています。今回も素敵なところを借りてくれました。


f:id:ocmay2023:20240227092612j:image

f:id:ocmay2023:20240227092616j:image

f:id:ocmay2023:20240227092647j:image

f:id:ocmay2023:20240227092651j:image

階段がたくさんあったのでシニア夫婦にはいい運動でしたけど、うちのワンコはまだ若いので問題なく自分で上り下りしてくれました。
家泊スタイルなので、基本食事は自炊です。到着後はこちらのキッチンに何があるかチェックして、必要なものと食材をまずスーパーに買いに行きます。

休暇でも食事を作らなければならないのは面倒とも言えますけど、飲んべえ夫婦ですし、カリフォルニアの外食は高い。その上、お値段ほどの感動はないことが多いので自炊の方が楽しめます。(日本では三食外食したいw)

初日はデリバリーとかテイクアウトで済ませることが多いですが、夫も料理好きなので自炊もそれほど苦になりません。

料理に励むシェフ夫   シェフ夫のミートソースパスタと温野菜


リビング、ダイニングの上のフロアはマスターベッドルームになっていて、大きな浴槽の付いたバスルームがありました。お風呂大好きな私のために、この浴槽が決め手でここを借りてくれたそうです。感謝、感謝♡

ドライブ疲れで眠いワン

 

 

つづく

怪我しても折れない93才

カンブリア旅行記の続きを書こうと思っていたのですが…

 

義母が転倒して左手首を骨折、左膝にもひびが入り、自分では動けない状態になってしまいました。膝は10日程で治るらしいけれど手首は手術が必要らしい。

そんなわけで、この週末は泊まり込みで義母の見舞いと看病に行ってました。

 

義母は93才。義父は3年前に亡くなり、その後はひとり暮らしです。常にポジティブで明るくて友達も多く、まさにアメージング・ウーマン。

夫は6人兄弟(実子は5人)の長男。兄弟ほぼ年子なので末っ子も充分オッサン。私より少し年下なだけです。全員オッサン。娘はいません。

とりあえず今は義母の友達が日中は来てくれますし、近場にいる兄弟が交代で泊まり込みで看病に来てますが、怪我が治った後にまたひとり暮らしを続けていけるのかな…

 

しかし、身体は動かなくても食欲はあるし、おしゃべりが大好き。

ウチのファミリーは毎週土曜の10時からファミリーズームをやっています。きっかけはコロナで義両親に会いに行くことも難しくなったので、義母がホストとなり2020年に始めました。その後、参加できるメンバーのみ参加のカタチで今でも毎週続いています。(ほぼ義母のため?)

こんな状態でも義母は土曜の朝のんびり目を覚ましたあと、

「もうこんな時間!ズームの準備するからコンピューターもってきて」と夫に。

そして私に「ブラシで髪を整えてくれる?」と(笑

しかし彼女のパソコンでズームにログインしようとしたところ、何故かいつものようにズーム画面に到達できないらしくイライラしている様子。 私も手伝いましたが、彼女仕様になっているようでどうなってるのかよくわからず…。

夫は自分のパソコンを持ってきていたので、自分のパソコンでファミリーズームにジョインして準備完了。そしてスタート。

母「誰か参加してる?」

夫「まだ誰もいない。。。あ、Mike(フロリダの弟)が入るみたい。」

母「(ログインできなくてイラッとしている様子)」

夫「僕のパソコンでやればいいよ。そっちに持っていくよ。」

母「NO!自分のでやる!」(ガンとして譲らずパソコンとにらめっこw)

夫「Mom, あなたは毎週パソコンと格闘してるの?」

母「NO!いつもすぐにできるのに、何故か今日はズームの画面がみつからない!」

夫は義母の性格もわかっているので勝手に自分のパソコンで他の兄弟とズーム中。義母は自分のパソコンと格闘中。どうにかこうにか私が手伝って義母のパソコンでもミーティングに参加することができて義母は笑顔いっぱい、私はほっと一安心です。頑固な93才(笑

 

こんな笑えるシーンもありましたが、義母の様子を見ていたら自分自身の将来や、ここアメリカで年をとるということをいろいろ考えてしまい… 帰宅してからぐったり疲れて何もする気になれませんでした。。。

義母の笑えた頑固さを思い出して気持ちを切り替えたいと思います。

ファミリーズームを楽しむ義母


とりとめのない記事になってしまいました。

次回は楽しかったカンブリア旅行記に戻ります。

 

ロードトリップ記/ソルバンク

 

アメリカでは2月の第3月曜はプレジデント・デーで祝日です。その連休を利用してカンブリア(Cambria)というところまでロードトリップに出掛けました。

土曜日の朝7時に家を出て、まずはソルバンクという街へ。我が家のあるオレンジ・カウンティからは車で約3時間です。


f:id:ocmay2023:20240219111209j:image

f:id:ocmay2023:20240219111206j:image

こちらは1991年にデンマーク人集団によって設立され、建物の外観は伝統的なデンマークスタイルで作られているそうです。アメリカのデンマーク村という感じ。

とても可愛い街で、ベーカリーやレストラン、お土産ショップがたくさんあって楽しい街です。


f:id:ocmay2023:20240219111033j:image

f:id:ocmay2023:20240219111139j:image

f:id:ocmay2023:20240219111352j:image

f:id:ocmay2023:20240219111356j:image

f:id:ocmay2023:20240219111627j:image

f:id:ocmay2023:20240219111623j:image

私はデニッシュが大好きなのでもちろんお買い上げ。とても美味しかったです。(写真を…と思ったのに忘れてしまいました)


f:id:ocmay2023:20240219112245j:image

f:id:ocmay2023:20240219112242j:image

f:id:ocmay2023:20240219112249j:image

お気に入りのクリスマスショップがあり、来るたびにオーナメントを買うのも我が家の楽しみのひとつです。今年もオーナメントひとつとキャンドルスタンドを買いました。

(お天気がよくなくて写真が暗いですね)

 

このソルバンクは私達夫婦だけでは何度か来ていますが、うちの子(犬)を連れて来たのは初めて。彼女は新しい場所が大好きなので大喜びで歩き回り、ニオイチェック。

写真を撮ろうとしたけど、落ち着きなく動き回るので諦めました。

 

目的地はここからさらに2時間半ほどドライブします。

考えてみれば車で5〜6時間のドライブだと、東京から大阪まで行く感じですよね。

今では私も6時間のドライブと聞いても驚かなくなってしまいましたが、日本にいたら東京から大阪までドライブするって結構大変だと思う…。

夫よ、運転ありがとう。

 

つづく 

最近のマイブーム

久しぶりにカメラを出してきました。

「カメラ女子」の走り?そんな頃に買ったカメラです。たぶん15年以上前かな(当時、すでに”女子”ではないけどw)

一眼レフのゴツいルックスがなんとなく苦手だったので、このミラーレスのオリンパスPENにしました。ルックスで選ぶくらいだから、もちろん写真の技術なんてありません。おまけに可愛く見えるように女子らしいカメラストラップまで買っちゃってます(←もうホントにミーハーでしかない笑 

 

アメリカ移住する前までは結構使っていました。

使わなくなった1番の理由は、こちらに来てiPhoneにしたからかな。携帯はいつでも持ち歩いているし、iphoneのカメラ機能は優秀ですし、レンズも明るくて撮りやすい。そのうちオリンパスは箱にしまわれたままになってしまいました。

でも、お気に入りなので使わないともったいない。そこで、明日から近場にちょこっと旅行するので復活させよう!と箱から出してきました。

 

最近の私は「復活ブーム」です。

この前は2年ぶりにゴルフの練習も復活させました。バレンタインにマフィンを作った時も楽しかったので、スイーツ作りもまた復活させようかなと思ったり。

しかし、せっかくのカメラ復活旅行は明日の土曜から水曜まで雨マーク。洪水警報まで出ています。しばらくぶりのPENは、室内でうちのお嬢様の撮影会となりそうです。

ですが、もうひとつ「復活」させたいものがあるんです。

中途半端に終わっているクロスステッチを持参して、旅先で仕上げたいと思っています。

 

いろいろ手を出しては放置してるなぁーと反省しますけど、多趣味って素晴らしいw

 

ところで… ここまで書いて自分でタイトルを考えたんですけど、、、

「マイブーム」って死語?ww 

 

今年のバレンタインはサプライズ

 

Happy Valentine ♡

こちらは本日バレンタインです。日本で会社勤めしてた時は仕事帰りに義理チョコ買いに行ったことを思い出します。私の時代は義理チョコ全盛期か?というくらい当たり前に社内でチョコが飛び交ってたような…。

上司に山ほどGODIVAのチョコが届いて私にもくれたけど、「もうGODIVAいらない…」って感じでした。それに私はGODIVAより、ロッテのガーナが絶対美味しい!と思っています(笑

 

日本では女性から男性に愛を伝える日となってますが、アメリカでは男性から女性にプレゼントを贈るのが一般的なようです。

 

私と夫はLAに住む私の友人の紹介で知り合ったのですが、知り合って間もない頃、ちょうどバレンタインの頃に夫が日本に出張で来ることになりました。

その時にその友人からメールが来て、「アメリカではバレンタインは男が女性にプレゼント贈ったり、食事をごちそうする日だからね。チョコとかあげなくていいし、気を使わなくていいからね!」と言われましたw

言われなくても何もするつもりはなかったですが、親切な友達です。一応、夫は友人のボスに当たるんですけどね。部下にそんな事言われてるとは思わなかったでしょう(笑

考えてみれば、そんなことがあったのも20年前です。

 

いつもは私はカードくらいしか用意しません。ですが、今年はチョコマフィンを作りました。何故なら以前夫がミネソタに出張した時にお土産で買ってきたチョコレートを使い切りたかったから。美味しいチョコなんですけどね。これでやっと食べかけだったチョコが消費できました。

夫は今日はどこかのレストランにディナーのテイクアウトを頼んでいるらしい。「どこの?」と聞いても教えてくれません。サプライズ好きな夫です。(これは良し悪しなんだけどw)

私がスイーツを作ることも滅多にないので、今年のバレンタインはサプライズ尽くしです。

 

ペットサロンでハートのスカーフを付けてくれました♡

 

月曜の朝の仕事


昨日のスーパーボウルカンザスシティ・チーフスの勝利でした。

優勝が決まった瞬間、夫はバチッとTVを消して「もうこれ以上見たくない💢」と。そして直ぐに夫の息子からテキストで  "🤢  🤮"  と送られてきました。

親子同じ気持ちでよかったね(笑 

なぜかうちのファミリーはカンザスシティ・チーフスが嫌いみたい。息子ファミリーはカンザスに住んでいるにも関わらず。(チーフスファンの方、すみません)

 

さて、昨夜の夫が作ったBBQグリルバーガーはとても美味しくいただきました。昨日は日曜だったので全部お任せではなく、食後の洗い物は私が担当しました。なぜなら夫は7時に義母に電話しなければいけないので。日曜も夫が料理してくれるのは有り難いですけど、日曜にBBQグリルを使うと月曜朝の私の仕事が増える…。

グリルの網部分を掃除して、写真のようにカバーをかけるという仕事。
これが結構面倒で。 網の掃除は煤で手が黒くなることもあるし、グリルを使う時にカバーは外されるので、使用後は横にガサっとカバーが置いてある。これを元に戻さなければいけません。厚手ビニールでできたカバーがかなり重たいので一苦労です。

 

今朝も気づいた時は夫が会社へ行く格好だったので、「自分でやってくれ」と言いたいのをグッと堪えて朝のワンコ散歩から戻ってから直しました。簡単なことかもしれないけど、ほぼ毎週となると地味にムカつくんですよね。

「仕事から戻ったらやる」と言われたこともあるけど、一日中放置しておくのも気分が悪いし…。

使用直後はグリルが熱くなっているのでカバーを直せないのはわかるけど、寝る前とか起きて直ぐとかに直してくれないかなー。

 

ムカついてもこの子のおかげで癒されます♡