るー’s OC journal

アメリカ生活・旅・ワンコ・食… 雑多に書いてます。

桜の季節に思うこと

 

東京は29日が開花宣言だったそうですね。

私がアメリカに移住したのは2019年の11月。その後、不動産売却等の用事があり、2020年3月に一時帰国しました。東京で住んでいたマンションの近くには桜並木があり、ちょうど桜の時期に帰国したので満開の桜を楽しむことができました。

その頃 日本ではすでにコロナ騒動が始まっていましたが、アメリカはまだそれほどでもなかった。夫の家族やアメリカの友人からは「今、日本に行くの?大丈夫?」と言われながらの帰国でした。

全ての用事が終わりアメリカへ戻る日、箱崎のT-CATから成田行きのリムジンバスを利用しましたが、乗客は私ひとりだけ! それでもリムジンバススタッフの方は私に「行ってらっしゃいませ」と頭を下げ、運転手さんは私一人のためにアナウンスしてくださいました。(さすが日本!アメリカだったら迷惑な客扱いされそう笑)

成田に着いたら、ガラ〜ンとしたロビー。あまりにも誰もいなくて、何か悪いことでもしているような気分でした。そして、いつもなら出国審査を済ませてショッピング〜となるところですが、免税店もブランドショップもほとんど閉まっている。

空港でこんなに寂しくて悲しい思いをしたのは初めてでした。

もうすぐLAX到着という頃、いつもなら目一杯渋滞している405号線が上空から見えたのですが、「え?あれが405??」と目を疑うくらい車がない!そして、カリフォルニアは日本よりも断然コロナ感染者が増えていた。そしてロックダウンへ…。

日本からアメリカへ戻ったら住んでる世界が変わっていた…という感じ。

今では「そんなこともあったねぇー」だけど、あの当時は一体いつまでこの状況が続くんだろうと不安になりました。

次に一時帰国したのは2022年の3月。待ちに待ってやっと入国制限が緩和され始めた頃、やはりその時も桜のシーズンに帰国しました。

その時はこちらで高額を払って陰性証明を取り、成田空港で長蛇の列に並んでPCR検査を受け、長時間待たされて書類のやり取りをしたり。やっとの思いで空港から出ても、リムジンバスの本数が激減していてロビーで1時間以上待ったり…。

でも日本の美しい桜をまた見ることができて嬉しかった。

 

いろいろあったけど、今こうしてスムーズに旅行ができ、日本に帰れる状況が戻ってよかったなぁーとつくづく思います。